ホーム第4回へ

紅茶の楽しみ教室 第3回

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ○○○  紅茶の楽しみ教室 第3回  ○○○
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
=============================今回の内容===============================

◆紅茶の入れ方〜基本のホットティー
◆あとがき

======================================================================

━━ 紅茶の入れ方〜基本のホットティー  ━━━━━━━━━━━━━━━

前回で学んだ事柄(茶葉に対する湯の量、温度、など・・・)をふまえて、
実際に基本のホットティーを入れてみましょう。

ティーポットを使う方法と、手鍋1つで手軽に入れる方法があります。


      ●○● ティーポットを使った入れ方 ●○●

☆ 分量はティーカップ2杯分の出来上がり量です。

1. ティーポットに熱湯を入れておきます。(ポットを温める為)

2. 水320ccを計って火にかけます。

3. ティーポットの熱湯を捨て、茶葉ティースプーン2杯
 (大きな茶葉なら山盛り、細かい茶葉なら中盛り)入れます。

4. 湯が完全に沸騰したら、ティーポットの中の茶葉に注ぎ、蓋をして
  大きな茶葉なら4分程、細かい茶葉なら2分〜3分程待ちます。
  (ミルクティーにするつもりならそれより数分長めにおきます。)
  
5. 軽くかき混ぜて、茶漉しを通しながらカップに注ぎます。

^^^ポイント^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
○上記では必要量だけの水を計って沸騰させましたが、いつも入れる量に必要
 な湯の量が、お手持ちのティーポットでどのぐらいの水位なのか目安を覚え
 ておけば、お湯を沸かす時に計る必要はありません。
 
○紅茶は茶葉が多過ぎて濃すぎた場合は湯で薄めれば美味しく頂けますが
 薄過ぎた場合はどうしようもありません。
 初めての茶葉や、量がよくわからない時は、茶葉の量を多めにしてどうぞ。

○ティーポットを予め温めておく事は大切です。
 特に冬場は冷たいティーポットは湯温を大きく下げてしまいます

○抽出中は、保温用にティーポットに覆いをすると良いです。
 ティーコジーと呼ばれる専用のカバーもありますが、タオルなどで充分代用
 できます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


       ●○● 手鍋で簡単に入れる方法 ●○●

☆ 分量はティーカップ2杯分の出来上がり量です。

1. 小さな手鍋に水320ccを入れ、火にかけます。

2. 沸騰するのを待っている間に茶葉をティースプーン2杯計っておきます。
  (大きな茶葉なら山盛り、細かい茶葉なら中盛り)

3. 完全に沸騰したら、火を消しながら茶葉を入れます。
  片手で火を消すと同時にもう片方の手で茶葉を入れるのです・・・
  茶葉を入れた後は火は消したままです。

4. すぐに蓋をして、所定時間抽出します。
  (抽出時間はティーポットで入れる場合と同じか若干短め)
  煮込むと香りがなくなって苦くなりますので、火は消したままです。

5. 茶漉しを通しながらカップに注ぎます。
  おもてなしには茶殻を濾しながらティーポットに移しかえてテーブルに
  出すと、お代りも苦くなりません。

^^^ポイント^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
○リーフティーは面倒、ティーバッグしか入れられない、という方でも
 この手鍋で入れる方法なら大丈夫ではないでしょうか。

○湯を沸騰させた手鍋をそのままティーポット代わりにしてしまう入れ方です。
 ティーポットで入れるより湯が高温のままですので、抽出時間は若干短めに
 すると良いかもしれません。
 
○お客様をおもてなしする時に、手鍋で入れた紅茶を茶殻を濾しながらティー
 ポットに移し変えてテーブルに出すと、時間が経ってもポットの中の紅茶が
 苦くならずにすみます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
当サイトの内容全てについて、転記・転載、無断引用を禁じます。
Copyright (c) Midori R Gamage Trade Co.Ltd.
リンクはご自由にして頂いて構いません。

SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO